ビデオ編集 / MAスタジオ

ビデオ編集・MAスタジオを再構築し、新たにカラーグレーディングにも対応しました。
編集スタジオ
お客様の視聴環境のほとんどが家庭用テレビなので、最終色調整などは基本的に家庭用液晶テレビを基準に行います。

ビデオ・MA編集環境として、現在使用しているのは

等です。現在のところ、ビデオフォーマットについてはほとんどのメジャーなフォーマットを入力・出力ともサポートしています。またオーディオについても96KHz/24bitのハイレゾ、5.1chサラウンドをサポートしており、スタジオでの簡単な音入れ(ナレーション等)であれば対応できます(マイク持ち込み可、ファンタム電源対応)。

簡易的に周波数特性を計測してみました。
MAルーム音響特性計測
(測定系 AKG CK91/SE300、TASCAM US-366、WaveGene+WaveSpectra、ホワイトノイズで測定)
300Hz-350Hzに落ち込みが見られますが、おおむねフラットで目立った共振点はなさそうです。高域のロールオフが少し早すぎますが、20KHzの単音では1KHzの同レベル出力で-6dB程度なので、測定方法・測定系の問題と思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です